医師のバイトに見受けられるメリットとは何か?

專門診療科目を増やす経験が得られる

勤務医として働く中では、医局に在籍している人ほど診療科目は限定されて、しがらみの中で必要な経験を積んで行くことが出来ます。しかし、開業医を目指す場合など、診療科目が1つだけでは患者の数が集まりにくいケースが想定されるので、バイト経験から診療科目を増やすことが出来ます。
多くの医師が週6日勤務のうち、常勤医として勤務する日数は5日または4日です。残り1日または2日はバイトか研究を行なうことで週6日医療に携わる習慣があります。将来を見越した上で、計画的にバイトを行なえば最終的に自分の身になるので、必要な経験として積極的に行なうことが望ましいでしょう。50代になるまでの間に、様々な病院で勤務することも医局以外の人脈作りに役立ちます。

移籍先の病院選びに役立つ

現在勤務している病院に定年まで勤務する医師の数は、会社員以上に少ない現状があります。医師の世界は限られた狭い世界ですが、それでも人脈作りにバイト先での経験は必要です。非常勤で入った病院が気に入った際には、次の勤務先として確保しておく人も珍しくありません。
同一の医局員以外は常勤医として入れない病院もあるので、実際にバイト医師として勤務して内部の状況や関係値を把握しておくことも大切です。開業せずに勤務医として続けて行くのであれば、キャリアアップを図りながら報酬面でも病院を変えながらアップさせて行く方式が重要です。移籍先の確保をしっかりと準備しておけば、病院内の事情に左右されることなく日々の勤務も余裕を持って行なえます。